ソフトヴィジョンロゴ
DBPro
DBProV4.5のご紹介
オンラインカタログ
製品ラインナップと価格表
DBPro関連商品
ダウンロード
DBProアプリケーション
DBProVAR業者様のご紹介
サポートサービスのご案内
デモ・セミナー・書籍等
オンラインヘルプ
Q&A
ユーザ登録内容変更
お問い合わせ

DBProV4.5のご紹介

「DBPro V4.5 for Windows」は、データベースシステムの専門的な知識をもたないエンドユーザの方でも、表計算やカード型データベースの感覚で手軽に使える、パソコン用データベースです。
既存のカード型データベースソフトにはない、本格的なリレーショナルデータベース機能を、誰でも簡単に利用できます。日本語ならではの考え方や機能が豊富に揃っているので、実務にすぐに応用できます。

DBPro V4 イメージ
  • 日本語をもっと自由に扱いたい
  • 表計算ソフトではもの足りない
  • 他アプリのデータをデータベースとして生かしたい
  • 業務専用ソフトでは融通が利かない
  • Access や Oracle では難しすぎる
  • 陰暦を計算したり六曜を知りたい
  • すぐにタックシールや帳票を印刷したい

このように感じたら是非DBProをお試しください。日本人の感性で生まれ、日本のビジネス現場で育てられたDBProは、あなたの感性にもきっとフィットします。
DBPro V4.5 オンラインカタログ にて、DBPro V4.5 のご紹介をさせていただいておりますので、是非ご覧ください。


新元号「令和」への対応について
公式に新元号に対応する予定はありません。したがって,許されるならば西暦への変更をお勧めします。
ただし,日付型の項目に対して次の書式を指定することによって,値に応じて元号「令和」を付けて表示・印刷することができます。
 ;#if([]<日付'2019/05/01','平成r年m月d日','令和'+#文字列(#年([])-2018)+'年m月d日')
これは,日付書式としてセミコロン(;)で始まる文字列を指定すると,文字列式として評価した結果の文字列を書式として解釈するという機能を使ったものです。
日付データを入力するときに「令和」を使った和暦で入力することはできません。西暦,または平成32年以降として入力することになります。
Windows 7 以降の Windows での動作について
DBPro V4.5 は Windows 2000 時代に開発されたソフトウェアであり,現在の Windows には公式対応しておりません。Windows 7,8,10 においても「Windows Xp 互換モード」を指定することによっておおむね動作しておりますが,以下のような問題が確認されています。
  1. Windows 10 ではインストールできない機種・環境が存在する
  2. Microsoft社の Surface Pro にはインストールできません。他にもインストールできない機種または環境があるようですが,確認できておりません。お使いいただこうとする機種でインストール可能かどうかは,お手持ちのCD−ROM,または体験版CDをご購入いただいてご確認ください。

  3. Multiuser版で複数のPCから同一ファイルを同時編集するとファイルが破損することがある
  4. この問題を解決するには,同時編集が起きないように参照系と更新系とを完全に分離したり,プログラム(DPL)で排他制御したりの対策が必要になります。なお,Standard版では問題ありません。

  5. 複数部印刷の部数が正しくない
  6. 印刷ダイアログで印刷部数に2以上を指定すると,指定した数の二乗の部数が印刷されてしまいます。いったん,プレビュー画面を表示させてからOKすると指定した部数で印刷できます。

  7. Windows エクスプローラーのファイルアイコンが表示されない(64Bit版 Windows のみ)
  8. Windows のエクスプローラでファイル一覧を表示させると,DBPro のファイル種別(表,カード,DPL,…)を識別するファイルアイコンが表示されず,すべて白いアイコンになってしまいます。同じファイル名で種別だけが異なるファイルを識別するには,拡張子を表示させるかファイルの「種類」を見なければなりません。DBPro内のファイル選択ダイアログでは正しいアイコンが表示されます。

  9. カード作成時に補助機能呼出しボタンが押せない箇所がある(Windows 8 以降)
  10. カード形式画面を定義作成するレイアウト画面のオブジェクト属性ダイアログにおいて,式入力補助画面を表示させるためのボタン[...]が隠れてしいます。代替えのキーボード操作として,式の入力・編集領域へカーソルを移動させた後,Tabキー,スペースキーを押せば式入力補助画面を表示させることができます。


個人情報保護について


DBPro販売サポートセンター
〒111-0053
東京都台東区浅草橋 3-24-8 伊藤ビル
TEL.03-5687-2631 FAX.03-5820-7227
sales@softvision.co.jp